2017年晩秋 日本人ガイド引率  お問合わせ

世界最高峰のエベレスト(8850m)のすぐ南に聳える、アイランドピーク(6189m)へ。
アイランドピークからの眺めは、エベレストは残念ながら見ることは出来ませんが、2400m以上の垂直壁を擁するローツェ【世界第4位】からマカルー【世界第5位】、ヌプツェ、
チョープロ、アマダブラム、バルンツェ、メラ等の世界に名だたる峰々を一望に・・・・。
 
 
 
     
 
 
【トレイル】…カラパタールコース(エベレストBC方面)と同じ道を辿り、4300mに位置するディンボチェ村から東に開けたチュクン谷を歩きます。その後イムジャンツェ(アイランドピークの別名)氷河を横切り、5100mに位置するBCに。ネパールで最も人気のある6000m峰の山ですので、BCは非常に賑やかです。

【地理的】…アイランドBCへ向かう道は、東西に流れる川に沿っていますので、風があまり通りぬけません。体力を消耗させる風の影響が少なく、標高のわりに、他のエリアよりも暖かいトレイルを歩くことができます。寒さが苦手な方にオススメします。太陽の照射時間も比較的長いです。

【医療】…このコース途中(ペリチェ:4200m)には、医師が常駐し、いつでもここの病院を利用できるように対応しています。山岳ヘリを使用した緊急搬送も可能です。ツアー中は、パルスオキシメーターで、参加者の血液に含まれる酸素濃度をチェックし、体調管理を常に行ないます。また体調の急激な変化に対応するため、酸素ボンベも携帯しております。
 
     
     
 
 
     
     
 
 
     
     
 
体力に自信のない人でも挑戦できる!
 
HCP(ハイキャンプ)を確保・設営するので、頂上までの距離が大幅に縮まり、登山時間の短縮と体力の消耗を抑えられます。体力に自信がない方でも落ち着いてゆっくりと登山することが可能です。「登頂」を目指すあなたに、絶対にこだわって欲しいHCP設営。 
 
 
 
 
 
 
あなたに合わせた高度順応で安心
 
いろんな高度順応法が紹介されていますが、どの方法が一番効果的か分かりづらいです。あなたに合わせた順応方法を行うことで、症状が軽くなったり、軽微で気付かないことに繋がります。あなた1人で行うのでなく、日本人ガイドと一緒に行うことで、早期の順応を目指します。
 
 
 
 
 
 
3000mの絶壁の真下 ローツェBCへ
 
ほとんど人に知られていない、絶景地の中の絶景地ローツェBCに訪れ、トレッキングをより素晴らしい思い出にしませんか。 高度順応の散策として気軽に訪れることができるのでお勧めします。ここでは綿毛をまとったセーター系の高山植物を見ることができます。

 
 
 
 
 
 
キメ細かなサポートで頂上を踏む!
 
初めての高峰登山を考えている人は、期待と不安の両方をお持ちではないでしょうか。登山を安心して行えるよう、日本人ガイドが中心になってあなたの登山の技術面・体力面・精神面・高所での渋滞対策をサポート。ヒマラヤ登山だからこそ、どんな時でもすぐに日本語で対応できる安心は、あなたの登山をより確実なものにします。
 
 
     
     
 
 
     
     
 
「頂上に立つポイントはこれだ!」
アイランドピークの頂きに立つために、登山者が知っていなければならないポイント  詳細