◆ 2016年初夏のツアー こちら 

カイラス山はヒンドゥー教徒、ジャイナ教徒、ボン教徒、そしてチベット仏教徒の最高の聖地です。敬虔なチベット仏教徒は、五体投地でカイラス山を14日かけて一周する人もいます。それを煩悩の数(108回)行なうのです。トレッキング中、五体投地しながらカイラス山を一周するチベット人を見かけることもしばしばあります。100年前日本人で最初にチベットを訪れた河口彗海も、このカイラス山を、巡礼者達と一緒に歩いたそうです。

 
 
 
 
 
サガダワの時期(チベットの暦)にカイラス山に訪れると、通常より300倍の功徳を積むことができるといわれています。
この時期、多くのチベット人がカイラス山に集まってきます。チベット人が巡礼する様子を見ながら、カイラス山1周約48Kmをゆっくり歩きます。
カイラス山北面から真っ白な氷河が流れています。ガイドは氷河近くに張られた結界の所にあなたをご案内します。釣鐘の形をしたカイラス山の垂直に切り立った壁(1300m)を根元からご覧いただくことができます。この結界のある場所から撮影されたカイラス山北壁の写真は皆無に等しく、サパナオリジナルの絶景撮影ポイントです。是非、ご自慢のカメラで、こだわりの一枚を撮ってください。
 
トレッキング初日はカイラス山北側に位置する、13世紀に
建てられたディラプクゴンパ(お寺)周辺で泊まります。
カイラス山の周辺には仏足地や伝説の詩人ミラレパの修行洞があり、チベット仏教の逸話が沢山残っております。
ガイドがチベットの逸話を説明しながら、歴史的にも古いこの地を歩きたいと思います。
カイラス山北側には、アラビア海に注ぐ大河、インダス川の源流があり、その付近を実際にあなたの足で歩いていただきます。
またカイラス山南に位置する聖湖マナサルワール湖は、
聖なる河ガンジスの源流の一つにもなっています。
 
 
 
     
     
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
     
 
専用車での移動ですので、気に入った場所で休憩や写真撮影をすることができます。果てしなく続く手付かず自然が残るチベット高原を、贅沢に8名様限定で満喫します。
カイラス山トレッキングは馬を借りて、のんびりと馬の背に揺られながら巡る事も可能です。
 
     
     
 
 
     
     
 
あなたに合わせて高度順応するから安心
 
日本人ガイドがあなたを高山病にかかり難くしながら、専用車で4000mのチベット高原を走破。先ずニュラムの街で、あなたにとって効果的な高度順応を行います。その後、日本人ガイドが常にあなたの体調をチェック。あなたが高山病にかからないよう一緒に高度順応を行います。
 
 
 
 
 
 
いつでも気に入った所で写真撮影
 
連日専用車での移動だからと言って、ただ車からの景色を見るのはもったいないですよ。日本人ガイドが同行するんですから、気軽に声をかけてください。
車から降りて、その一瞬のシャッターチャンスを狙ってください。
時には、チベット人のテントへ訪問して、彼らの生活様子を撮影してみては?
 
 
 
 
 
 
聖なる河の源流を求めて
 
カイラス山周辺は世界でも名だたる河(インダス河、ガンジス河)の源流地域にあたります。それら源流に近いエリアを思い馳せながらゆっくりと歩きます。ここで降った一滴の雨粒が、いくつもの国を通過しながら何千キロも離れた海へ流れて行くのです。
ガンジス河に限っては、カイラス山の南に位置する
マルサルワール湖が源流の一つにもなっています。
 
 
 
 
 
 
カイラス山直下の氷河へ大接近
 
カイラス山の南にはカイラス内院と呼ばれるエリアがあります。
そこからはカイラス山の南壁が天に向って屹立しています。また、【ディラプクゴンパ】から南の方角に見えるカイラス山には氷河の 存在が見えません。しかし実際には、カイラス山の根元から真っ白な氷河が流れ出しています。ご希望があれば、こういった通常見る事が困難な場所もご案内させていただきます。
 
 
     
     
 
 
     
 
   
「聖湖とチュウゴンパ」
カイラスの南に位置する聖なる湖マルサルワール湖とその湖畔の岩山に建つ歴史長きお寺チューゴンパへ。ここを訪れると、不思議とあなたの心が安らぐんです。