ネパールってどんな国?
 
ネパールはこんな国です。
人口: 2300万人 
面積:147,181平方キロメートル(北海道の約2倍の大きさ)
地理:東西890km、南北145km〜241kmの幅があります。

気候: 春(3月から5月)・夏(6月から8月)・秋(9月から11月)・冬(12月から2月)
特に10月から5月は乾季。それ以外の時期は雨季になります。
標高による気温差が大きいです。

政治:民主主義
宗教:世俗国家 主にヒンズー教、仏教(チベット仏教)が国民の7割以上を占めている
民族:60以上の異なる民族が住み70以上の言語が話されています。

通貨:ネパールルピー(Rs) 1ルピー=1.2円【2009年9月末】
電気:110Vから240V

 
 
  ネパールは寒いの?暑いの?
 
ネパールはこんな気候なんです。
ヒマラヤを擁するため、寒い国と思われがちなネパール。
しかし実際は 日本の奄美大島と同緯度(北緯20度)のため亜熱帯気候に属し、バナナやパパイヤが育つ気候なんです。
しかし、高度による気温の変化が著しく、標高5000mを越える世界は常に荒涼とした風景が続きます。
 
   
【美味しそうな野菜や果物が沢山】
 
 
  ネパールと日本の時差は?
 
3時間15分
日本とネパールの時差は3時間15分あります。日本の12:00はネパール時間で8:45分(午前)になります。